スーパーナチュラルのシーズン12がhulu(フールー)で2020年の1月1日より配信開始されました。

早速スーパーナチュラル シーズン12を視聴をしています。

スーパーナチュラル シーズン12

2020年の元旦はスーパーナチュラル三昧の1日でした。

スーパーナチュラル シーズン12を視聴しての感想

まず、スーパーナチュラルというドラマ自体をご存知でない方は以前にご紹介した記事をご確認下さい。

 

スーパーナチュラルは車好きにもおすすめ

 

スーパーナチュラルというドラマの概要については以前の記事でお伝えしています。

 

そして今回のシーズン12ですが、現時点でそのすべての話を視聴できたわけではありませんが(第16話まで視聴済 ⇒ 現在は23話まですべて視聴済)ファンとしてはそれなりにおもしろいですし楽しめます。

しかし、何と言いますか、スーパーナチュラルというドラマのスピンオフを見ているような感覚です。

 

通常はこの種のドラマは敵がどんどんとシーズンを追うごとに強大になっていくのがお約束ですね。

そして前回のシーズン11までは確かにそのように構成されていました。

 

ところが、ネタバレを避けるため言葉を濁しますが、シーズン11で理論的に考えればそれ以上ない敵を相手にしてしまいましたので、シーズン12以降は「かつてない強大な相手にからの危機」という設定は無理があるかと。

従って、シーズン12も今までのスーパーナチュラルというドラマの面白さはそのままですが、シーズン12を通してのラスボス的なキャラには苦肉の策のような印象を受けます。

 

一体この後どうやってシーズン15まで引っ張るのだろうか。

もっともすべてがスピンオフ的な位置付けでもファンとしては構いませんし、それほどにキャラに愛着がわいてしまったドラマではあります。

スーパーナチュラルというドラマについてのあくまでも個人的見解

個人的にはシーズン11で完結させてしまっておいたほうが、このスーパーナチュラルというドラマはスッキリと綺麗に終われたのではないかと思っています。

 

後半でのUKの賢人という存在を登場させなければ、シーズン12がなくても後は想像して何となくのハッピーエンドとして話を終えられそうな気がします。もっとも家族をというお礼だったのならば一人足らないですが、それを言い出したらボビーも家族同然だった人でキリがないのでシーズン1からの悲願が叶ったというエンディングで良かったのではないかと思います。

 

その上で、正式にスピンオフとしていくつかのシーズンを制作したほうがまとまりが良いのではないかと思うわけです。

もちろん、最終シーズンとなるシーズン15が今年制作されるそうですから、そのすべてを視聴して最後には感想は変わるかもしれません。そのような良い意味で期待を裏切って欲しいものです。