24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)は海外ドラマブームの火付け役となった今や伝説級の超有名海外ドラマで超おすすめです。

国内ドラマ・海外ドラマを問わず私のもっとも好きなドラマの1つです。

今までに、吹き替え版、字幕版、そして字幕版を字幕なしで、いったい何回見直したことか。(いったいどんだけヒマ人なんだよ!? というツッコミはご容赦下さい。笑)それでも尚、飽きることがないのです。

24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)
(画像引用:hulu)

24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)は好きすぎて、1記事だけでは語りつくせません。

シーズン8まであるのですが、各シーズン毎に魅力を伝えて記事を書きたいくらいです。(というか書くかもしれません)

24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)の見どころ

世間一般に言われている通り、1度見始めたら止まらなくなるほどに寝る間も惜しんで視聴したくなります。

もちろんそれは、各エピソードだけでなく、1つのシーズンが終わったらすぐにでも次のシーズンが見たくなります。

時間が許すなら、そして眠らなくても済むのなら、一気にシーズン1からシーズン8まですべて視聴してしまうことでしょう。

しかし、あくまでも私の個人的な意見ですが、24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)が売りにしているリアルタイム進行という点はさほど魅力ではないように思っています。

あえて言うならば、リアルタイム進行そのものよりも24時間というたったの1日でこれだけのストーリーを違和感を覚えることもなく作り上げていることが魅力なのではないでしょうか。

その他にも、見どころや魅力を語り出したらキリがありません

24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)はシーズンを追うごとに面白さが増す

テレビドラマではシーズンを追うごとにふつうは面白さが増しますが、これだけの面白さのドラマを他のドラマ同様にシーズンを追うごとに面白さが増すというのは驚異的だと思います。

特に24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)は基本的にシーズン毎に完結ですから(次のシーズンへの布石は残しますが、そのシーズンでの事件はシーズン内で完結します)より一層、シーズンを追うごとに面白くなることは凄いです。

しかし、だからこそ、シーズン8まで視聴を終えた後、シーズン1を視聴すると、あれほど面白かったシーズン1に物足りなさを感じてしまうほどです。それでも、しばらくシーズン1を見ていると再び面白さが蘇ってくるのは流石としか言いようがありません(だからこそ何度も見てしまうのですが)。

24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)は正義VS悪ではない!?

この点も私が24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)が大好きな理由なのですが、基本的なストーリー構成は、テロリストから国民を守るヒーロー、ジャックバウアー(演:キーファーサザーランド)の物語なのですが、それが即ちジャックバウアーが正義でテロリストが悪という単純な構図ではないところが深いのです。

ジャックバウアー自身が自分を正義と思っていませんし、ジャックバウアー側の人間のはずがある意味テロリストよりも卑劣ではないかと思えるような描写も多々あるのです。

いやー、本当に魅力を語り出すとキリがありません。

24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ

hulu(フールー)では、24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)の続編にあたる24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイも視聴できます。

24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)リブアナザーデイ

かなり期待して視聴した24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)リブ・アナザー・デイですが、個人的にはこれに関しては微妙です。

面白くないわけではないのですが、この内容であれば製作することなくシーズン8で終わっていて欲しかったというのが私の正直な感想です。

これに関しては意見の分かれるところだとは思いますが。

いずれにしましても、24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)は本当に面白い海外ドラマですからご覧になったことのない方は是非1度はご覧になってみて下さい。