hulu(フールー)の6月の新作(新規視聴可能作品)の一つにスーパーガールのシーズン3があります。(6月1日より公開されました)
シーズン1と2は以前から公開されていました。

スーパーガールはスーパーマンと同じアメリカン・コミックが原作のドラマですので、最近の映画(洋画)で話題のアベンジャーズとも同じなのですが、コミックがアベンジャーズとは違い、スーパーガールはDCコミックです。

ちなみに、スーパーガールはスーパーマンのいとこという設定です。

スーパーガールを演じるのはメリッサ・ブノワ(メリッサ・ベノイスト)で、ブノアというのはベノイストのフランス語読みだとか。この女優さんは他にgleeやHOMELAND(ホームランド)にも少し出演していましたね。

6月の新作ドラマ、スーパーガール
(画像引用:hulu)
気軽に楽しめる勧善懲悪ものでアメリカっぽい(というかアメコミっぽい)作品です。

楽しさともどかしさが

スーパーガールはDCコミックが原作ですから、同じDCコミック原作のARROW(アロー)やTHE FLASH(フラッシュ)、レジェンド・オブ・トゥモローが同一世界という設定になっています。

だからこそ、スーパーガールはスーパーガールのドラマにとどまらず、フラッシュやアローなどにも登場しますし、スーパーガールのドラマにもアローの主人公オリバー・クイーンやフラッシュの主人公バリー・アレンたちも登場し、そこが楽しいところではあるのですが、その反面、他のドラマを見ていないとわからないことや、彼らが勢ぞろいする回の続きは別のドラマで放映されたりと、少しそこがもどかしいというか、すべて見ないとならないので面倒でもあります。

全部を見るのはずいぶんと時間もかかってしまいますからね。

お時間のある方はすべてご覧になってみて下さい。

ただし、2019年6月1日現在、hulu(フールー)ではARROW(アロー)が視聴できません。
以前は視聴できたので近々また視聴できるのではないかとは思うのですが。

今回のシーズン3でも一部、他のキャラクターが登場する話があります。第8話がARROW(アロー)、THE FLASH(フラッシュ)、レジェンド・オブ・トゥモローとのクロスオーバー作品となっているのです。

今日公開されたばかりですのでまだ見ていませんが、第8話はまた続きが気になって「もやっ」としそうです。

スーパーガールの見どころ

スーパーガールの見どころはスーパーガールが「女の子」ということです。

実際は女の子(ガール)という年齢ではなく20代の女性なので「ガール」と呼ばれることにスーパーガール自身も不満を持ってはいるのですが(女優さんのメリッサ・ブノワは今年31歳になります)、随所で女性っぽいというよりも女の子っぽい葛藤や恋の悩みなどがあって、そこが正義の味方に徹することができない分だけスーパーマンよりも人間味があり、ある意味楽しめるところと言えるでしょう。

まあ、ここは賛否両論あるとは思いますが。

いずれにしても、このスーパーガールはコミックが原作だからか、アメリカのドラマというよりもアニメを見るような楽しい感覚で気軽に視聴できる作品です。

お時間のあるときに、気軽にお楽しみ下さい。