わたし旦那をシェアしてた(I SHARED MY HUSBAND)が、hulu(フールー)で配信開始されました。8月2日現在(5話まで)の感想としてはおすすめドラマです。今後がさらに期待できそう。

わたし旦那をシェアしてたは、読売テレビ制作・日本テレビ系「木曜ドラマF」です。つまり、向かいのバズる家族の次の作品です。

わたし旦那をシェアしてた hulu(フールー)で配信開始

前期の向かいのバズる家族が非常におもしろかったため、今回の「わたし旦那をシェアしてた」にも期待しています。

わたし旦那をシェアしてた 見どころ

見どころを語るにはどうしてもネタバレが入ってしまいますので、現時点ではネタバレがない範囲でお伝えします。

 

「わたし旦那をシェアしてた」はいきなり1話からストーリーに引き込まれます。

なぜなら、3年A組がラストシーンのような情景から始まったように、わたし旦那をシェアしてたではいきなりではないものの、1話の序盤から既に修羅場です。

 

ありえないような設定ですが、実際にありそうな気もする絶妙な設定ですね。

そしてhulu(フールー)ではこの作品「わたし旦那をシェアしてた」がファミリーとサスペンス/ミステリーにカテゴライズされていますが、ミステリーという点でも1話から多くの謎を残しています。

 

まだ1話なので今後はわかりませんが、1話を見る限り今回も期待できそうですし、個人的には日曜ドラマの「あなたの番です」よりも数段おもしろそうに思います。謎の残し方もあなたの番ですのように作為的ではないですし。

わたし旦那をシェアしてた キャスト

森下晴美(もりした はるみ)
演 – 小池栄子
食品会社に勤務するキャリアウーマン。
小椋加奈子(おぐら かなこ)
演 – りょう
eスポーツの選手を目指す中学生の息子と暮らすシングルマザー。
藤宮茜(ふじみや あかね)
演 – 岡本玲
幼い兄妹を育てるシングルマザー。争いごとが苦手。
松田秀明(まつだ ひであき)
演 – 赤楚衛二
シェアハウスの雑用係。
森雄作(もり ゆうさく)
演 – 黒木啓司(EXILE / EXILE THE SECOND)
様々な犯罪に手を染めてきた生粋の凶悪犯。
塚本美保(つかもと みほ)
演 – 渡辺真起子
警視庁隅田警察署所属の刑事。恭平とは長い付き合い。
天谷恭平(あまや きょうへい)
演 – 平山浩行
染谷文江(そめや ふみえ)
演 – 夏木マリ
シェアハウスの管理人。
ネタバレしない範囲でウィキペディア(Wikipedia)より引用

一部を削除して引用しました。

わたし旦那をシェアしてた 感想その他

女同士の争い。しかも、いずれの女性も理性的であることが身上の女性たちなので、世間で言う所のいかにも女っぽい女の争いではないところが非常におもしろいですし、女優陣の演技がいいところです。

 

その他の感想などについては、追ってストーリーの進行後またはドラマの完結後に追記します。

本日4話放映

本日わたし旦那をシェアしてたの4話が放映されますが、3話まで見た限りでは面白いものの、前期の向かいのバズる家族と比べてしまうとまだ少し物足りない感があります。今後に期待というところでしょうか。

5話でかなり面白くなってきました

このドラマの世界観が見えてきて5話はかなり楽しめました。

現実的には平山浩行演じる天谷と小池栄子たちのような関係は物理的に無理があると思いますが(実際に付き合うだけならば同時に5人以上の女性と付き合っていた、あるいは現在も付き合っている人を数名知っていますが)、そのようなことは些末なものと思えるだけの別の意味でのリアリティもあります。

 

要するに知っている役者が演じている段階でフィクションであることは最初からわかっていても、それでもなお引き込まれる魅力と作品の世界観に齟齬がなければ、後はストーリー展開が面白ければドラマは楽しくなりますね。そこが日曜ドラマの「あなたの番です」との違いでしょう。

今後(6話以降)がますます楽しみになりました。

わたし旦那をシェアしてた完結

10話でわたし旦那をシェアしてたは終わりましたね。

個人的には後半の評価が下がります。

また、ここからはネタバレを含みますから、ドラマをご覧になられていない方でネタバレが困る方はお読みにならないで下さい。

 

ミステリ要素のあった「わたし旦那をシェアしてた」ですが、天谷恭平殺害の主犯である森雄作(もり ゆうさく
演 – 黒木啓司)が死んだ時点で面白味が半減したように思います。

 

サイコパスで無痛症という設定はまだしも、そもそも森がなぜ天谷恭平を殺害しようとしたのか、わかったようなわからないような状態で終わってしまった感があります。

単に3億円だけが狙い? それはあまりに単純では? そもそも3億円のことは殺害前にどうやって知った?

など、もやっとしたまま話が完結へと向かいます。

 

そしてラストは綺麗に終わったと言えばそれまでなのですが、あくまでも後味が悪くないだけで良さもないというのが私の感想です。

最後の最後で刑事の塚本美保を登場させてヒネリを利かせたのはわかりますが、少し物足りないですね。

 

総評として、今期のドラマの中では良いほうですが、まあまあかなという印象のドラマでした。