ネタバレがありますので、最終話をまだ見ていない方は、最終話をご覧になってからお読み下さい。

今回の記事は、最終話をご覧になられた方々との意見交換というか、共感のために書いています。

 

今期のおすすめドラマとして以前にご紹介した向かいのバズる家族ですが、ついに最終話。

向かいのバズる家族

結構面白かったですね。

想定通りの最終話

コメディとしての向かいのバズる家族はストーリー展開はほぼ想定通りの展開の最終話でした。

 

トゥナイトスターはネット上で多くの方々が予想されていたおじいちゃん。

しかし、ネット上で予想があることを見越してか、ドラマのテーマを受けてネット上の予想を反映させたのか、トゥナイトスターの候補になっていた人たちが次々と登場して結局おじいちゃんに行きつく展開はSNSがテーマだっただけにほぼ想定通りとは言え面白い展開だったと思います。

 

解散した家族が戻ること

あかりの彼氏がなまはげチョップを受け入れること

そして迎えるハッピーエンドは月並みと言えば月並み、無難と言えば無難ですが、コメディですからいいのではないでしょうか。

それよりも、・・・・・・

思わぬ展開というより意外なオチ

結構「えっ? そうだったの?」的な意外なオチが散りばめられていましたね。

 

まず元カレ。

トゥナイトスターの候補にもなっていただけに、実は元カレがトゥナイトスターで寄りを戻すという展開もアリだったかもしれませんが、あかりと元カレとの関係ってあんなだったの?

ひたすら隠したかった過去ってあれ?

という感じの良い意味でくだらないオチ。

 

元カレにこっそりと映像を撮影されたいたあかり、その映像は今まではかなり恥ずかしい系の映像っぽかったというか、コメディっぽくないあかりが元カレに襲われた動画とか、盗撮とか、陰湿なものを連想させてきておいて、そして元カレもかなり陰湿なイメージでラストまで来ていたわりに、

 

 

隠したかったのは、二人で高校時代にお笑いコンビとしてやっただだスベリのお笑い動画!?

 

元カレは陰湿なストーカーではなく、ただ面白くない痛い人だっただけでした。

でもだからこそ、あかりがなまはげチョップだとすぐにわかったわけですね。

こんな伏線回収があるとは想像していませんでした。

 

弟薪人の彼女を家族に紹介。

あの家庭教師先の母親のほう。

ママ活ではなかったものの付き合っていたんかい?! 的なオチ。

 

そして最後にはタイトルの「向かいのバズる家族」が何故「向かいの」なのかがわかります。

「なるほど、それで向かいの・・・だったわけ」

そもそもあかりがバズるきっかけとなったあの謝罪動画を撮影したあの男が向かいの家の住人だったとは。

 

最終回では最初のナレーションがあかりの家族ではなく、あの撮影した男だったため、もしかしてトゥナイトスターはあの男? のようなミスリードを誘いつつ、最後の最後で向かいの住人として登場するのは面白かったですね。

 

向かいのバズる家族は最終回で一層面白いコメディとして仕上がったと思います。

現在hulu(フールー)で全話見逃し配信がされていますので、途中で見なくなった方も、最終回は面白いですから、というか、最終回で面白さがましたというか、また視聴を再開されてみて下さい。

hulu(フールー)でHuluオリジナルストーリーも配信中

huluオリジナルストーリー、向かいのバズれない家族~SNSを奪還せよ~が現在フールーで配信中です。

前編が公開中で前編と後編の2回になるようです。

 

これはこれで面白いですよ。

今までのコメディから急にSF要素が加わっています。

 

しかし、これまさかのありがちな夢オチではないでしょうね。

それでもまあそれなりに楽しく視聴できそうではありますが、後編に期待です。

 

以前に比較的無難なドラマが多かった読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマFと言いましたが、今回は視聴率の割に結構面白かったですし、毎回無難ながらもそれなりに面白いんですよね。

旬の俳優を使って視聴率は取れてもそれほど面白くないこともあるドラマに比べて、毎回ふつうに楽しめるのも比較的無難なドラマが多かった読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマFだと思います。

 

向かいのバズる家族をきっかけに今後も面白い作品に期待です。

追記

huluオリジナルストーリー、向かいのバズれない家族~SNSを奪還せよ~の後編も見終えました。

面白かったですよ。

あれで夢オチではガッカリでしたが、ちゃんとしたオチが待っていました。

 

前編から思っていたのですが、

SNSがなくなったのならば、さっさと作ればいいのに!

ということにも後編でちゃんと答えてくれています。

 

そして、あかりたちは家族と彼氏も協力してSNSを作るのですが、なぜにパイソン(Python)を使って自作?

そんなものは世界を席巻することがわかりきっているのだから、さっさとプロに依頼すれば。とか、

いくらパイソンが比較的簡単だと言っても入門書を見ながらの素人では無理でしょ!とか、

そんなツッコミに対しても、最後にちゃんと納得のいくオチが待っていてスッキリしました。

 

hulu(フールー)のオリジナルの中では短い割に過去最高に面白かったようにも思います。

おすすめです。