結構売れている英会話習得用の書籍で海外ドラマはたった350の単語で出来ているという書籍があります。

冷静に考えて、ネイティブがドラマで350の単語しか使わないわけはないのですが、それでも結構気になるタイトルですし、実際に売れているんですよね。

かなりインパクトのあるタイトルですからね。

海外ドラマはたった350の単語でできている

海外ドラマはたった350の単語でできているは実際のところどうなのか?

これは結論から言えば、使い方と目的次第でしょう。

 

謳い文句は私が推奨しているように海外ドラマを利用して英会話をマスターしようというものです。

 

その意味では、英会話を習得するにあたり役立つ書籍だとも言えます。

しかし、この書籍の方法でマスターできる英会話はネイティブのような自然な言い回しの英語が話せるようになることではなく、あくまでも日常会話程度(もちろん今の日本人のレベルからしたらかなりいいほうですが)です。

なので、海外ドラマや洋画(もちろんいずれも英語が使われいる作品)を字幕なしで理解できるようになることを目的としたり、ネイティブと同じような言い回しで英語を話したいということを目的とすると少し違うかもしれません。

これ(海外ドラマはたった350の単語でできている)をきっかけとして更に英会話のスキルを磨くならば良いとは思いますが。

 

  • 逆に、海外ドラマや洋画は字幕無しで見ることができるレベルまでは求めていない
  • 多少不自然でも通じる英会話が話せるようになりたい
  • 大学受験などの受験英語にも対応するような英会話を習得したい

 

という目的でしたら、結構良書と言えるでしょう。

そして英会話をマスターしたいと考えている方々の目的は上記3点のような英会話のほうが多いと思います。

それなら海外ドラマはたった350の単語でできているで学んだほうが良いのか?

基本は海外ドラマや海外の映画(洋画)を使って英会話をマスターしようというものなので、私がお奨めする方法に非常に良く似ていますし、悪くはないと思います。

 

しかし、人間は英会話に限らず何かをやろうとした時、ある程度できるようになると欲が出ることが多いです。

 

海外ドラマはたった350の単語でできているを参考にしてこの書籍通りに英会話をマスターしようとした場合、ある程度のレベルになるまではこの書籍通りにやったほうが早いかもしれません。

 

ですが、欲が出てもっと上手くなりたい(ネイティブに近づきたい)と思ってしまうと、この書籍通りの方法では逆に遠回りになりかねません。

現にこの書籍(海外ドラマはたった350の単語でできている)の著者でさえいまだ自然な英会話ができていません。

なので、例文も通じることは通じますがあまり自然とは言えません。

 

要するにこの書籍で奨めているのは簡単な単語だけ覚えてなんとかわからない単語は推測しつつ海外ドラマを英語で理解できるようにしようというものなので、私が言うところの「英語を英語のままで理解する」ということには至りにくいわけです。

 

逆に英語を英語のままで理解することは、もしかしたら若干遠回りになるかもしれませんが(私の経験上ではあまり大差がないようにも思いますが、こういうものは個人差があるので明言はできません)、一旦習得してしまえば不自然な英語は不自然と感じられますし、自然な英語も使いこなしやすいです。

なぜなら、英語を和訳することなく理解ができているのですから理屈ではないのです。

 

たとえるなら、あなたがペットを飼っているとして、「何匹(なんびき)飼っているの?」と聞かれたらどう答えますか?

 

1匹(いっぴき)ですか?

2匹(にひき)でしょうか?

3匹(さんびき)かもしれませんね?

 

このとき「なんびき?」と聞かれているのに、1なら「ぴき」2なら「ひき」3なら「びき」ですけど、なぜ変わるのでしょう?

これには文法的な答えがあるのですが、我々日本人は「だってそれが自然だもん」というのが答えではないですか?

同様のことが1本、2本、3本でも起こりますね。

 

つまり、こんな感じで後から自然さを求めようと思うと文法的に理屈で理解するか、私がお奨めする英語を英語のままで理解することに再度チャレンジすることが必要になる可能性が高いのです。

なので、私はあえてハードルが高そうに感じるかもしれませんが、英語は英語のまま理解できるようになることをお奨めしているのです。

 

これ(私のお奨めする方法)チャレンジしてみると意外とできるものですし、今回ご紹介した書籍での方法と比べて難しいということもないように思っています。

海外ドラマはたった350の単語でできているを利用する場合の注意点

もちろんこの書籍を前面否定するつもりはありません。

この書籍を利用して効率を上げる方法もあるように思います。

ですので、目的が私のお奨めするものと同じであれば、利用の仕方に注意が必要です。(注意の仕方や利用方法については機会があれば別途お伝えします)

 

そしてもう1点注意点があるのですが、この書籍はそれなりに高額です(今の時代ふつうかもしれませんが)。

最初にお見せしたものはソフトカバーの単行本なので1404円です。(上の画像をクリックまたはタップでアマゾンの販売ページに行けます)

しかし、アマゾンのキンドル書籍(電子書籍)ならば通常は1100円程度とそれだけでも多少は割安なのですが、時折キャンペーンなのか、215円になることもあるのです。

海外ドラマはたった350の単語でできているが215円

アマゾンでのご購入はこちらからどうぞ!(価格が安い時がおすすめです)

たまたま今(2019年7月24日現在)は215円ですね。上の小さいほうの画像はクリックするとアマゾンのページが開きます。

ですので、興味がある方は電子書籍版(キンドル書籍)で、215円の時に購入するのが良いかと思います。

 

215円であれば、仮にあなたにとってご不満な書籍だったとしてもそれほど損をした感もないでしょう。

 

ただし、(また注意事項が増えるのですが)キンドル版(電子書籍)はリフロー型ではない写真集や漫画と同じレイアウトなので、パソコンやタブレットならば良いのですが、スマホで読もうと思うとかなり文字が小さくなって読みづらいかと思います。特に40代以降の方は小さな文字が読みにくいですから辛いかもしれませんね。

 

私は215円で購入してスマホでは見にくいためタブレットで読みました。

最近はパソコンでもキンドル書籍は読めますが、今はスマホ時代で意外とパソコンの無いご家庭も多いですから、その点もご注意下さい。

 

個人的には215円ならば買って損はないとは思いますが、取り立ててお奨めはしません。

アマゾンのホームページで冒頭部分や目次などは無料で見られますから、気になる方は1度チェックしてみて下さいね。

 

ちなみに、海外ドラマはたった350の単語でできているでは、Sex And The City(セックス・アンド・ザ・シティ)という人気ドラマを題材に書かれていますが、現在hulu(フールー)ではこのドラマSex And The City(セックス・アンド・ザ・シティ)は視聴できません。

しかし、映画版のほうならば視聴可能です。

Sex And The City(セックス・アンド・ザ・シティ)映画

またSex And The City(セックス・アンド・ザ・シティ)2も視聴可能です。

Sex And The City(セックス・アンド・ザ・シティ)2

以前はSex And The City(セックス・アンド・ザ・シティ)のドラマも視聴可能だったので、また復活して視聴できる時がくるかもしれませんが、映画だけでも楽しめますし、コメディや恋愛の海外ドラマや洋画は確かに自然な良く使われる日常会話ばかりですから英会話の学習にも適しているでしょうね。

 

hulu(フールー)で是非視聴してみて下さい。