中学校や高校での英語の成績と英会話ができるようになるかどうかに関係はあるのでしょうか。

「英語はしゃべれるようになるといいな。でも、英語は苦手だったんだよな・・・・・・」

という方も多いのではないでしょうか。

ハッキリ断言します。

英会話ができるようになることと学校での英語の成績の良し悪しは無関係です!

英語の成績と英会話の関係

英語が苦手だった方も、英会話の習得には何の支障もありませんから安心して下さい。

学校の英語と英会話は別物

ゆとり教育のカリキュラムになってから英語が苦手、英語が嫌いという中学生が増えました。

2020年度に学習指導要領が変わりますので、今後はどうなるかまだわかりませんが(たぶん大差ないと思われますが)、学校での英語と英会話は別物です。

しかし、別物であることに英語の教師であっても気付いていない人も意外といるので困ります。

「英語は勉強じゃなくて言葉だから」のウソ

英語は勉強ではなく言葉だという英語教師も結構います。そして、その言葉に続くのは「だから習うより慣れろで英語に慣れることが大事」という言葉です。

この言葉は本来ウソではありません。

ですから、英語に限らず、学校での勉強の成績が悪くても英会話は習得できます。

なぜなら英語圏の人々は学校の成績が悪くても英会話はできますからね。

しかし、このスタンスと学校での授業時間では英会話は身につかないだけでなく、英語のテストで良い点数は取れません。

なぜなら学校での英語は勉強だからです。

従って、学校での英語に関してだけは、慣れるより勉強しなければ、さらに言えばテストで良い点数が取れるように勉強しなければ学校の英語はできるようにはなりません。

これらは似て非なるものなのです。

私の知人たち

私の知人たちにはいろいろと参考になる人たちがいます。

まず、中学校での成績が英語に限らず全ての教科がまったくダメで高校へも行かず中卒の知人は、それでも青年海外協力隊に参加したいと中学卒業後に思ったのです。

その人はその後どうなったのか?

かなり英会話が堪能になり、青年海外協力隊に応募して海外に行き、その後海外で出会った女性と結婚して現在海外で生活しています。

彼いわく「英語は勉強じゃないからねえ。言葉だから意思疎通ができればいいんだよ」

この場合、彼の言うことは正しいと思います。

彼の他にも英語や学校の勉強が苦手(あるいは嫌い)でも英会話ができるようになった人は多いです。

 

中学校の英語教師の知人がいます。その人は、中学生に授業で教科書の内容をほとんど教えることなく、授業中ほぼ英語のみで生徒たちに話しかけています。

この人も同じようなことを言います。「英語は勉強ではない」と。

しかし、この場合は正しくありません。

その人は先に英会話はできていた人で英語もできるようになった人なので、生徒たちも自分と同じことができると思っているのか(環境が違うのですけどねえ)、その指導方法を変えません。

その結果、その人が教える生徒たちの英語の成績はボロボロです。

英語嫌いになる生徒も多いです。

その人が教えても英語の成績が良い生徒は塾で習っているか、自力で勉強をしているのでしょう。

 

高校の英語教師の知人もいます。この人は高校時代の英語の成績は学年で断トツのトップでした。数名が東大へ進学する進学校でしたから、かなり英語のできた人です。

高校時代の英語の偏差値は常に70以上でしたが、いまだこの人(高校の英語教師)は英語がしゃべれません。英会話ができないのです。

この人に関しては別の意味で「英語は勉強じゃない」が正解ですね。

勉強である英語はできるのですから。

 

結論を言えば、あなたが目指すのが英会話の習得であれば英語は勉強ではありません。

しかし受験英語や学校での英語は勉強なのです。

英会話は速読に似ている

日本人にとって英会話は学校の英語よりも速読に近いものと言えます。

速読とは文章を早く読む技術のことです。

速読を教える教室の教師やトレーナーの多くは速読ができない

まったく不思議な話ですが、これも事実です。

最大手の速読教室の代表(結構有名人です)は、こう言いました。

「お前ら(トレーナーたち)は速読ができる必要はない。教える技術があれば良いだけだ」

と。

まあ、一理ありますが、英会話を教える先生が英会話ができないなんて考えられますか?

それと同様に詭弁と言えます。

 

何故、速読の指導をする人が速読ができないのか?

その理由は、速読をとにかく早く読むことの延長上にあるものと考えているからです。

ところが、速読の習得には越えるべき壁が存在するのですが、その壁を越えられない人は速読が習得できません。

 

日本人の大人の読書スピードは1分間に400から800文字と言われています。

これが目の動きのトレーニングをしたり、多読をしたりすれば、1分間に2000文字くらいまでは誰でも行けます。

しかし、このスピードではまだ速読と呼べるレベルではありません。

 

あるいは、斜め読みのように言葉を飛ばして読んでおおよその内容だけ把握するような読書法でしたら1万文字くらいまで可能とも言われていますが、それも速読と呼ぶにはお粗末ではないかと思います。

 

速読では、音読のスピードの壁を越えることが必須なのです。

人は黙読をしていても頭の中では音読をしているのと同様のことをしていますね。

頭の中での音読は実際の音読よりは非常にスピードは速いですが、音読である以上、そのスピードには限界があります。

従って、速読を習得するには、文字を何行かの塊で(最終的には1ページ単位で)見たままそのままを頭の中での音読もすることなく理解することが必要になるのです。

そうすれば、ふつうの人が数時間かかるような書籍も5分から10分で読めるようになるのです。

英会話も速読のメカニズムと同じ

なまじ学校での英語ができると英語を訳す癖がついてしまいます。

もちろん英語の場合は速読の場合と違い、相手の話す英語を完璧に聞き取り、それを即座に頭の中で翻訳し、それで相手に英語で返答することは可能です。そこは速読とは違います。

ですが、この方法はかなり大変であることはわかりますね。

そして、この方法で英会話を習得しようと思えば、学校の英語も活きてきます。

 

しかし、ほとんどの方はここまで極めることに無理があります。

先ほどの英語が高校でトップだった英語教師でさえできないのですからね。

 

だから、英語も英語のまま翻訳することなく理解することを目指すのです。

いちいち翻訳をしていては翻訳スピードという壁が障がいになって英会話の習得を阻みます。

ですので、頭の中で翻訳することなく英語を英語のままで理解できるようにしたほうが早いのです。

 

しかし、速読の音読せずに理解するのと同様に、英語を翻訳せずに英語のまま理解することはかえって難しいと思っていませんか?

 

実は、それが大きな間違い。誤解なのです。

 

これは、英語を聞き続けて英語が英語のまま頭に入ってきた時に初めてわかります。

「あれ? 意外と簡単にできた」

と。しかし、私の知る限り、その日は突然やってきます。

だから難しいと思ってしまうのでしょうね。

 

最近テレビで見たある人は、それまで英会話がまったくできなったにもかかわらず、英語を毎日聞ける環境にいたことで、ある日アメリカ人が英語で話をして、自分もそれに英語で答えるという夢を見たそうです。

するとその夢から覚めた後は、自然と英会話ができるようになったと話をしていました。

そういうこともあるだろうなと今なら私もわかります。

英会話習得のポイントは?

英会話を学ぼうと必死になっても切迫感からくるモチベーションは脆いですし、脳科学の見地から見ても、人間の脳は嫌いなことは受け付けないように出来ていますから、かえって英会話の習得を遅らせかねません。

従ってポイントは2つ

  • 集中して英会話を聞くこと
  • ただし、集中しても必死になるのではなく楽しく聞くこと

この2つです。

 

とすれば、hulu(フールー)を使った英会話学習は理にかなっていると思いませんか?

楽しい映画やドラマを見るので楽しく集中ができますよね。

 

この勉強法であれば、断言できます。

「英語は勉強じゃない」

と。だから英単語を知らなくても大丈夫です。

 

ただし、この方法では英会話の習得はできても、学校での英語の成績は上がりませんので、ご注意下さい。

また、この方法が理にかなっているとは言っても、習得には時間もかかりますので、その時間を少しでも短縮するための方法も追々お伝えしていきますので、お楽しみに!