私がhulu(フールー)の視聴を始めたのは、確か2014年だったと思います。

2011年から日本でのサービスを開始したhulu(フールー)ですが、開始当初は月額視聴料が1480円でした。

それが2012年になり、月額980円となったとき、大々的に宣伝を初めて私もhulu(フールー)を知ることとなり、とあるきっかけから視聴を始め、その後はhulu(フールー)の魅力に惹かれて視聴し続けて現在に至ります。

hulu(フールー)視聴のきっかけ

hulu(フールー)の視聴を始めたきっかけは、当時同様のサービスをしていた(今もサービス展開はしています)U-NEXTと比べて月額利用料が安価だったこと、2週間の無料お試し期間があったこともありますが、一番のきっかけは、hulu(フールー)で視聴可能なプログラムに24-Twenty four-(トゥエンティフォー)があったことです。

24-Twenty four-(トゥエンティフォー)

24-Twenty four-(トゥエンティフォー)については、もしかしたら今さら説明するまでもないのかもしれません。

24-Twenty four-(トゥエンティフォー)は日本人が海外ドラマを見ることの火付け役になった超有名ドラマです。

私も24-Twenty four-(トゥエンティフォー)の存在は2004年から知っていました。友人の一人が大の24-Twenty four-(トゥエンティフォー)ファンだったからです。

しかし、私はというと、友人から何度もおすすめされていたにもかかわらず、ずっと24-Twenty four-(トゥエンティフォー)を見ないまま過ごしていました。

なにせ、1話あたり1時間番組でCM分を除いても約50分弱、それがタイトル通り24話で1シーズン。それが、「見始めたら止まらない!」ということで話題だったのですから、期待感とともに、それ相応の時間を必要とするという覚悟(?)も必要になってしまうからです。

ところが、hulu(フールー)のおかげで私もやっと24-Twenty four-(トゥエンティフォー)を視聴することができて、今では24-Twenty four-(トゥエンティフォー)は私のもっとも好きなドラマの1つとなっています。

hulu(フールー)は抜群のコストパフォーマンス

私の当初の予定では、無料期間の2週間の間にシーズン1からシーズン8までの全話を無料で見て、hulu(フールー)は解約するつもりでいました。

もっとも、全話を不眠不休で見ても、約8日かかる計算なわけですから、それを14日間で見ようというのはスケジュール的にも無茶ですが、それだけ見ておいて無料で終えようというのもどうなのかとも思い、1ヶ月だけ有料でも視聴することを決めました。

ところが、もうそれからは次々と新しい(私にとって)作品にはまり、hulu(フールー)を視聴し続けて現在に至るわけです。

これだけの視聴をしても必要な料金は現在では月額たったの933円(税抜)ですから、レンタルDVDなどと比べて抜群のコストパフォーマンスですよね。

私のおすすめするhuluでの配信作品

上記のようなきっかけで始めたhulu(フールー)の視聴ですが、すっかりhulu(フールー)の虜となった私がこのブログでおすすめ作品をいろいろとお伝えしていきます。

もちろん24-Twenty four-(トゥエンティフォー)についても別途お伝えしますが、24-Twenty four-(トゥエンティフォー)以外にもおすすめ作品はたくさんあります。

そして、hulu(フールー)でのおすすめ作品は次々増えています。
(どんどん、新作が追加されますからね。もちろん視聴終了となる作品もありますが)

このブログでは、おすすめ作品の情報や感想、関連情報、hulu(フールー)の新着作品情報など、随時お伝えしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。