映画ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(実写版)がhulu(フールー)で視聴可能です。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章はキャストが面白かったです。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

ジョジョの奇妙な冒険の「ダイヤモンドは砕けない」はジョジョの奇妙な冒険シリーズではパート4になります。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

まず、この映画が面白いか面白くないかで言えば、ふつうに面白いです。

しかし、その面白さは映画としての面白さというよりも原作ありきですね。

 

原作としての漫画ジョジョの奇妙な冒険それ自体が面白いですから実写版がストーリーを大きく逸脱しない限りストーリー的に面白くなって当然ではあります。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章に限らず、漫画、アニメと来て次に実写版となる作品を見ていつも思うのですが、実写版の必要性はあるのでしょうか。アニメまでで良くないのかと。

 

これはたぶん、ビールの新銘柄と同じ理屈なのでしょうね。

 

ビールで新しい銘柄が出れば一度は試しに飲んでみたいという人が一定数いるため新銘柄の投入をするのと同じ。

原作やアニメファンの中には一定以上の数、必ず実写版も見る人が含まれますから、大ヒットは無理でも確実に興行収入が見込めるということなのでしょう。

その意味では、今回のジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章ならば、まあ及第点ではないかと思います。ジョジョのあの奇妙な世界観を実写版でもかなり上手く再現していますから。

 

とは言え、個人的には映画館で見るほどのものではない、hulu(フールー)で視聴できるのでおすすめという程度です。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章キャスト

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章ではキャストが比較的上手くハマっているように思います。

そして私がキャストに注目したのは、意外なハマり役がいたからです。

 

ちなみに、主なキャストは以下の通りです。

山﨑賢人
神木隆之介
小松菜奈
岡田将生
新田真剣佑
観月ありさ
國村隼
山田孝之
伊勢谷友介

山﨑賢人が主役のジョジョこと東方仗助を演じていますが、これはまあ無難なキャストという程度でしょう。

面白いと思ったのは、虹村億泰のキャストです。

 

キャストを確認せずにジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章の視聴を始めて、億泰に見覚えがあるにもかかわらず、誰なのかわかりませんでした。

 

虹村億泰役は、新田真剣佑です。

 

わかってはじめて納得できたくらいに、新田真剣佑の色が出ていません。意外なハマリ役だと思います。

ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険は1986年から連載が開始され、2019年現在もまだ続いている超ロングセラーの漫画ですね。

パート1のファントムブラッドでは石仮面によるDIO(ディオ)との因縁、パート2の戦闘潮流では波紋(パート1からある概念ですが)という特殊能力による柱の男たちとの闘い、そしてパート3のスターダストクルセイダースで再びDIO(ディオ)との戦いになりますが、ここで初めてスタンドという概念が投入されました。

パート4のジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないでもスタンドでの戦いなのですが、このスタンドという特殊能力の概念が後の多くの漫画に多大な影響を与えたと言えます。

 

スタンドは持って生まれた特殊能力であり、特殊な弓で射抜かれた者たちも身につける能力で、実に様々なバリエーションがあるわけですが、特殊能力にバリエーションを持たせた元祖がジョジョの奇妙な冒険と言えるでしょう。

 

つまり、スタンドではなく念と呼べばハンター×ハンターですし、忍術ならばNARUTO(ナルト)、そして悪魔の実になればONE PIECE(ワンピース)ですね。アメリカのドラマのヒーローズも影響を受けていると思います。

その意味でジョジョの奇妙な冒険という漫画は好き嫌いは別にして偉大な漫画と言えるでしょう。

その実写版なので、ストーリーもそうそう変更できませんね。微調整に留まっています。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章の若干のネタバレ

第一章では虹村兄弟との闘いですが、実写版はたぶん第二章で終わると思われます。

 

それと言うのも、虹村形兆に襲い掛かるスタンドは原作とは違い、レッド・ホット・チリ・ペッパーではありません。

 

まあ、ここまで言ってしまえば、原作のファンの方々ならば第二章の相手が想像できますね。

もっとも、今回の作品を第一章としているので、第二章、最終章と二回に分けてくるかもしれませんが。

 

いずれにしても、それをhulu(フールー)で視聴できるなら私は見ようと思いますが、わざわざ映画館に見に行ったり、DVDを借りてまで見ようというほどではありませんね。