hulu(フールー)でMONSTERZ モンスターズを見たのですが、この映画は見ないほうが良いでしょう。

このブログでは「おすすめ作品」を紹介するのですが、MONSTERZ モンスターズについては、見ないことをおすすめする作品です。

MONSTERZ モンスターズ

(画像引用:hulu)

役者陣に惹かれて視聴したが

MONSTERZ モンスターズのキャストはかなり豪華です。

藤原竜也
山田孝之
石原さとみ
田口トモロヲ
落合モトキ
太賀
三浦誠己
藤井美菜
松重豊
木村多江
川尻達也
森下能幸
平山祐介
松岡恵望子
林田直樹
佐藤詩音
土師野隆之介

かなりスゴイですよね。そして個人的に藤原竜也も好きなのでつい見てしまったのですが、残念でした。

もし映画館で見ていたら代金がもったいないですね。もっともhulu(フールー)で視聴しても時間がもったいないですが。

何がヒドイか

この映画は、後から知ったのですが韓国映画「超能力者」のリメイクだとのことです。

その「超能力者」もhulu(フールー)で視聴が可能なのですが、見る気になれません。

リメイクしようと思ったくらいですから、もしかしたら原作の韓国映画のほうは良いのかもしれませんが、MONSTERZ モンスターズで致命的なのは、主演の二人が生死を懸けた壮絶な闘いが幕を開ける理由が不明なことです。

なぜ闘いになったのか?

戦うべき動機が見当たらない。

もしや私が見落としたのかとも思い、もう1度、闘いが幕を開けるまでを見たのですがやはり不明。

ひょっとするとラストの藤原竜也のあの一言のため? とも思いましたが、それにしてはストーリーが成立しない。

私にわからないだけなのか?

あまりの残念さに、自分を疑い「自分に理解力がないだけなのか?」とも思いましたが、多くの方々のレビューを見ても同じ意見でした。

称賛するレビューが見当たらないのです。

やはり多くの方々が藤原竜也の行動の動機(理由)がわからないままでした。

ただ、藤原竜也の演じる人は超能力を持っているものの、それは時間を止める能力ではありません。単に人を操る能力なだけでしょう。そこを誤解されて「時間が止まっているはずなのに動くエキストラがいる」というレビューは的外れではあります。

そこは間違いだとしても、「この映画は何だったのか?」と非常に不思議でした。

 

これだけの役者陣が揃い、リメイクしようとした作品があり、監督も中田秀夫で何故この作品が?

誰も疑問に思わなかったのだろうか。

 

最後にまさかの展開が?! とも期待したのですが、そのまま終わってしまって残念で不思議な気持ちだけが残りました。

人は「見るな」と言われると見たくなるものですが、この映画は本当に見ないほうが良いと思います。

役者陣には申し訳ないですが、時間の無駄です。

韓国映画「超能力者」

原作(原案)となった映画ですが、約2時間をかけて見る価値があるのだろうか?

あらすじを読む限りでは、こちらの映画は二人が戦う理由はありそうです。

そしてラストはMONSTERZ モンスターズとは違うようなので、ストーリーが破綻することなく、それなりに楽しめるのかもしれませんが、基本的な設定が同じである以上、バトルもほぼ同じはず。

となるとMONSTERZ モンスターズに闘いの動機を作ってラストを変えただけとも言える作品にならないでしょうか。

そうだとするとラストを見るためだけに2時間を使うのも・・・・・・

ですので、一つハッキリ言えることは、

韓国映画「超能力者」を見るのでしたら、先にMONSTERZ モンスターズを見ることはしないほうが良い、ということだけです。